FC2ブログ

魅惑的ヴィジュアルアート本の世界

視神経を通じて、まるで片思いの相手と偶然二人っきりになってしまったときのような胸の高鳴りを感じさせるヴィジュアル系アート本とその魅力を紹介していきます。毎週水更新予定

Bruno Weber. Der Architekt seiner Träume.

Bruno Weber

スイスのチューリッヒ近郊のディエティコン(Dietikon)という街に
「ブルーノ・ウェーバー彫刻公園」なる多数の異形の彫刻や建造物がひしめく
幻想美術愛好家にとっては夢のような一大レジャーパークがあります。

本書はその彫刻公園内の数々の異形造形物や装飾などを写真に収めた作品集です。

巻頭にはウェーバー氏の若い頃のセルフポートレート油彩画や、
建造物や彫刻のためのドローイングなども収められています。

Weber_model.jpg
これは公園の縮尺模型のようです。実際のものとは若干形が違います。

筆者は昨年(2008年)のメーデーにここを訪れました。
それら巨大彫刻群の造形の魅力をその大きさとともに体感出来た興奮は
今でも思い返す事が出来ます。

ウィーン幻想派絵画のような、この世のものとは思えない造形物に埋め尽くされた
世界が現実に広がり、その中に身を置くという気分はとても奇妙なものでした。

Weber02.jpg

写真だけではその圧倒されるような大きさや実在感を
同じように体感することは出来ませんが、
実際にこんな場所が存在するということの驚きと
それぞれの造形の面白さは十分伝わって来ます。

Weber04.jpg

西洋的なものと東洋的なものが混じったようなこれらの造形は
奇妙な妖しさと不思議なユーモアを同時に感じさせ
無数の苔むした地蔵のような顔をもった椅子たちが並んでいる光景は
日本の神社仏閣、あるいは天空の城ラピュタの見捨てられた古代人の街のような
どことなく郷愁を誘うような居心地の良さを感じました。

Weber03.jpg

Weber_chair.jpg
東洋的な面持ちをした彫刻たち

実際に訪れても入る事の出来ない建物の内部の素晴らしい装飾なども
観る事が出来るのが写真集ならではの良さだと思います。

チューリッヒからのアクセスは旅なれた人なら恐らく簡単なので
機会があれば実際に訪れてみてはどうでしょうか?
一般解放されている日が限られている
(基本的に4~10月の毎週土曜と毎月第一日曜のみ)ので
事前に調べて行くことをおすすめしますが。

本書籍はフランスのamazonで入手可能です。
ちなみに筆者が持っているのは公園内の売店で購入したサイン本です(自慢)。

※上の画像は実際に書籍に収録されている内容とは若干違います。ご了承ください。


スポンサーサイト



PageTop